昔から思っていますが、目的のない空間ほど輝きません。図書館もその例外ではないでしょう。

図書館には「ゆったりしたくつろぎ」の空間と「静粛を保った」空間といった二つの欲求があるように感じる。

・「ゆったりしたくつろぎ」の空間は憩いの場。休日のんびり本でも読むようなイメージ。最近増えているカフェなどもこの部類。

・「静粛を保った」空間は。こちらが実現されている図書館は多いでしょう。(自分としてはこちらの名付けのセンスが無いのが残念だが、思いつかない。)

この相対する目的を持った人が同じスペースに混在するのはどうかと。他にも細かい欲求があるでしょうし、色々考える必要もある。

  プロフィール  PR:無料HP  綜合菊川自動車学校  ネットワークエンジニア 専門学校  カー用品の専門店  中古ホイール 三重  タイヤ ヴィッツ 激安  Webディレクター 専門学校  ホイールキャップ  不動産 収益  物流 東京  通信制大学  CE28  バイアグラ 効果